開湯1300年!ゆこゆこ湯の山温泉へ!カップルでファミリーで!

湯の山温泉はどんなところ?

湯の山温泉は、三重県にある御在所岳という山の東側に位置する古き良き時代の温泉を残すところです。養老2年(718年)に発見され、今日で1300年を迎えました。長く続いている温泉地ですが、湯量は多い方ではなく、開湯から4度の枯渇があったといわれています。しかし古くから東海地方や近畿地方の奥座敷として親しまれ、今では約20軒ほどの旅館やホテルが建ち、温泉をはじめ自然やグルメなど楽しめるゆるやかな時間の流れる温泉地として人気を博しています。

カップルにもファミリーにも

湯の山温泉一帯は、鈴鹿国定公園に指定されていて名古屋や大阪といった大都市が近くにあるにもかかわらず、手つかずの自然が残っている場所です。しかもアクセスに優れており、スキー場も近くにあり、キャンプ場があったり川遊びやハイキングも出来るスポットが近くに点在していて、レクリエーションやレジャーの拠点としてファミリーからも人気となっています。また、折鶴伝説で恋結びの社寺として有名となった恋愛成就のパワースポット天台宗の三嶽寺もあり、カップルにも人気の温泉地になっています。

中でもとりわけ様々な年代層から支持を受けているのが、温泉地から御在所岳を結ぶ「御在所ロープウェイ」です。ゴンドラで山頂まで約15分の空中散歩を楽しめ、冬は樹氷、春にはアカヤシオなどツツジ科の花々、夏には望湖台で眺める緑豊かな遠景、秋はなんといっても紅葉と、どの季節に行っても色々な表情を見せてくれます。

近鉄名古屋駅からは「観光列車つどい」という足湯のある列車も期間限定で運航されています。この機会にぜひ湯の山温泉に出かけてみませんか。

ヤートラルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です