知っておくと安心!海外でのルールやマナー

万国共通の挨拶のマナー

日本に独自の習慣や風習があるように、海外旅行に行く際はそれぞれの国のルールやマナーを学んでおくことが大事です。まず万国共通である挨拶に関しては、海外ではエレベータでほかのお客さんと乗り合わせた時にも挨拶するのがマナーになります。またお店に入った時の挨拶や何かサービスを受けた時の「ありがとう」の一言も心掛けておく必要があります。

鼻をすする行為に注意!

日本ではごく普通の鼻をすする行為は、海外ではマナー違反と捉えられてしまいます。特に欧米では鼻をすする音を嫌がる人が多いため注意が必要です。そのため鼻水が止まらない時は鼻をすするのではなく、鼻をかむことが正しいマナーになります 。またくしゃみが出てしまった時には「Excuse me」と一言添えるのがマナーです。

写真撮影をする時の注意点

海外旅行に行ったら旅の思い出に写真を撮るという方も多いですが、撮影が厳しく制限されている場所もあるため注意が必要です。特に空港や軍事施設などは撮影が禁じられていることが多いため、むやみやたらと写真を撮る行為は控える必要があります。教会や宗教施設、美術館などの観光名所でも撮影禁止マークなどが表記されていないか事前に確認しておくと安心です。また人物を勝手に撮る行為もトラブルの元になることがあるので、一声かけてから撮影することをおすすめします。海外旅行に行く際は恥ずかしい思いやトラブルを避けるためにも、日本の常識にとらわれず訪れる国のマナーを意識して旅行を楽しむことが大切です。

ヤートラルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です