富士山に登る旅行は一生の思い出になります

夏休みに登山にチャレンジ

思い出に残る国内旅行をしたいという方におすすめの場所は、夏に登る事が可能な富士山です。富士山登山は、旅行会社から登山ツアーが発売されており、バスや新幹線の往復チケット・山小屋1泊・ガイド付きになっているので、初めて登る方にとっては安心出来る内容と言えます。東京発でツアーに参加する場合は、都心部の駅近くに集合してからバスに乗車し、装備品のレンタルを山麓で終えてから富士山五合目に向かいます。装備品は、撥水加工された登山用の服・リュックなどが借りられるので、持参する荷物をコンパクトにしたい場合は有効活用しましょう。

富士山五合目に到着した後のスケジュール

五合目に昼頃に到着したツアーは、いきなり登頂を開始するのではなく、ガイドの指示の下で準備体操と高山に慣れるための運動を行います。高山対策を行っていないと、めまい・頭痛といった高山病になりやすくなるので、ガイドの話は真剣に聞いておいて下さい。登山開始後は、無理のないペースで着実に歩みを進め、登山道にある山小屋で数回休憩を挟んでから、17時台・18時台に宿泊予定の山小屋に到着します。山小屋は、食事を終えて休憩を取ったら相部屋で仮眠になるので、いびき対策の耳栓を持参するのが必須です。

2日目のスケジュール

2日目の起床は、日付が少し変わってからの夜中が一般的で、山頂で見る日の出(御来光)に合わせて山小屋を出発します。山頂に到達して御来光を眺めた後は下山になりますが、急ぎ足で歩いてしまうと足がつるので、帰りは行き以上に足元に注意しながら歩くようにしましょう。昼前後に五合目に到着した後は、帰りの道中で温泉に立ち寄るツアーもある事から、登山の疲れを癒したい場合は温泉立ち寄りプランを選んでおくのがおすすめです。

ヤートラルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です