夏場に野沢温泉村を旅する場合のおすすめの過ごし方

夏も楽しめる野沢温泉村

野沢温泉村は長県の北東部に位置する自治体で、千曲川沿いをJR飯山線が通っています。JR北陸新幹線の飯山駅が出来てから冬場のスキー客が激増している事で有名ですが、冬場だけでなく夏場でも楽しめる街です。そのため、夏場に新幹線に乗って飯山駅周辺エリアを旅してみたい場合は野沢温泉村に行ってみるのはどうですか?

なお、飯山駅と野沢温泉村は少し距離が離れていますが、野沢温泉ライナーというバスに乗ると温泉街までわずか25分で到着します。そのため、1泊2日の旅行でもかなり長く村に滞在する事が可能です。

スキー好きの人は日本スキー博物館へ

野沢温泉村はスキーの技術させるには最高の立地で、たくさんのオリンピック選手を輩出してきました。そんな村の温泉街には、日本スキー博物館というスポットがあり、こちらは冬だけでなく年間を通じて営業しています。日本におけるスキーの歴史を学べるほか貴重なものがたくさん展示されていますので、スキー好きのかたは楽しく滞在していられるはずです。

スキー場にはサマーゲレンデがある

温泉街そばの野沢温泉スキー場は11月下旬からゴールデンウイークまでが営業期間になります。夏場は豪雪地帯の野沢温泉村からも雪が消えますがスノーマットを用いた全長500mのサマーゲレンデが作られますので、夏場にスキー・スマーボードを楽しむ事も可能です。

夜は温泉街散策を楽しむ

野沢温泉は江戸時代から栄えてきた温泉地で、今でも趣ある古い建物が多数残されています。夜になって明かりがつくと昼間時まったく違うロマンチックな雰囲気漂う街になりますで、カップルで旅行をする際は是非街歩きを楽しんでみてください。13か所ある外湯は夏も営業していて夜遅くまで入浴出来ます。

ヤートラルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です