初めてパリ旅行をする人向けのおすすめスポット情報

観光大国フランスの首都

ヨーロッパの西部に位置するフランスは毎年1億人近くの観光客がやってくる世界最大の観光大国です。その中でも首都・パリは圧倒的な人気を誇り、たくさんの観光地があって街並みも素敵なパリに対して強い憧れを持っている事で知られます。そんなパリを初めて訪れる人向けの王道スポットを幾つかご紹介します。

1区にあるルーブル美術館

パリ市内は20の区があり、1区はその中心に位置しています。この地域は東京23区で言うとところの皇居周辺にあたるエリアで、数えきれないほどの観光スポットが密集しているのが特徴です。その中でも一番有名で人気が高いのがルーブル美術館で、敷地に入ったらまずはテレビによく映るピラミッドを近くで見てみてください。続いて館内には30万点以上の所蔵品が展示されていますが、2階にある世界的なイタリア人画家が描いた有名な絵画のそばには常にたくさんの人が群がっています。なお、ヨーロッパ系のものだけでなく古代エジプト系の貴重な品々なども展示されており、美術・考古学好きの人は入館したら丸1日楽しんでいられます。

8区の西端には凱旋門がある

パリ1区の西隣には8区があり、ルーブル美術館を出たら西へ向かって歩いてみてください。8区の東端にはコンコルド広場という場所があり、こちらの中央部には石造の古い記念碑(オベリスク)があります。これはフランスで作られた記念碑ではなく、もともとエジプトの人気観光地・ルクソール神殿の入り口にあったもので、このオベリスクを写真に撮っていく人が沢山います。コンコルド広場をさらに西へ向けて歩いていくと、あの凱旋門が少しずつ近づいてきます。近くで見るとかなり大きくて圧倒されますので、このスポットにも是非行ってみてください。

ヤートラルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です